白髪を染めると髪の毛がごわついている!

40代の女性です。私が髪の毛のことで悩んでいるのは、なんといっても白髪です。年齢的に、もうそろそろ生えてもおかしくないかなと思っていたものの、実際になるととてもショックです。しかも、どんどん増えてくるのです。白髪がちょっと遺伝と聞いていますが、私の母親も白髪が多いのでやっぱりそうなのかと愕然としたことがありました。

しかしそのままにすることはできないですね。そのため、白髪染めを使うことにしました。それは誰でも行っていることなのです。しかし、どれを使ったらいいのかわからず、とりあえずそんなに気にしなくても染まったらいいかなという、そんな軽い気持ちで染めることにしたのです。

ところが、そのことが大きな間違いでした。それは、なんといっても髪の毛が染めたあとは、とてもごわついているということです。男性の髪の毛のようにごわついているので、本当に困りました。これではいけないと思って、美容院で染めることにしました。

しかし美容院に行くことができないときもあるんですね。そんな時、やっぱり自宅でパッと染めたいと思うようになりました。そのため今度は、ネットで良いと評判されている白髪染めを買うことにしました。それだったら、いいかなと思ったのです。トリートメントなので髪の毛に優しいです。

そして使ってみると、とてもいい感じです。しなやかになったので、これはいいと思っていました。ところが、別の問題が発覚したのです。それは、白髪がキレイに染まっていないということです。白髪染めだけど、マイルドなのでいきなりしっかりと染めることができないのです。それは、とても辛いですね。

そしてじっくりと良い感じになるということなので、使い続けることにしました。しかしやっぱり、白髪があるという部分がわかってしまうんですね。その結果、今はそのトリートメントを使うことをやめています。白髪のことについては、本当に悩みが多いです。ゴワつきや、キレイに染めることができないなどなんとかしたいです。

生徒の言葉により意識

私は40代半ばのサラリーマンです。家族は妻と小学生の長男、そして幼稚園児の長女の四人家族です。

私は30代の前半ごろより、白髪が増えて大変困っています。今から10年ぐらい前より、白髪を染めることは欠かせません。

もともと私の白髪は、中学生頃から気が付きました。当初は後頭部付近にちらほらある程度だったのが、徐々に白髪の量が増えていき、白髪のはえている範囲も、後頭部から頭の側頭部に広がり、今では頭の前面にも広がりを見せ、まさに全面に白髪が広がっている感じに、30代の前半でなってしまいました。

私は当時専門学校で講師をしていましたが、当初は全く気にしなかったものの、とある時に学生から、じぃじと呼びかけられました。はじめは何を意味しているのか分かりませんでしたが、ん、と言う顔を私がすると、クスクス笑いながら、頭に決まっているじゃん、と言われてしまいました。私はそれまで、どちらかと言うと学生を含め女性から人気のある方だったので、かなり恥ずかしく、学生にも冗談で返すことが出来ませんでした。私はそれまで、自分の容姿に無頓着でしたが、あらためて自分の頭を見ると、30代前半とは思えない白さで、確かに、じぃじ、だと我ながら思ってしまいました。そこで、考えたのが、やはり白髪を染めることでした。しかし、悩んだのは白髪をいつ染めるかでした。講師達には白髪を染めたことが分かるのは仕方がないとしても、学生達には出来るだけ気がつかれたくありませんでした。まだ若い彼女達は、何か変わったことがあると、必要以上にはやし立て、しつこく言われることが目に見えていました。したがって、私は髪を染める時期を長い休みの間で、かつ4月の年度の切り替え時期に行うことにしました。結果は、タイミングとしてはうまくいきました。従来のクラスの生徒は付き合いも長くずかずか言ってくる感じでしたが、まだ新しいクラスの生徒はそこまでの関係ではなかったためです。それ以来、毎月染めることが欠かせなくなっています。

頭頂部の髪が薄くなってきた!

私は40代の女性です。

髪が薄くなると、本当にがっかりですね。しかし若い時には、そんなことを悩むことはありませんでした。そんな悩みは自分には、ないだろうと思っていたんです。ところが、やっぱり年齢をましてくると、薄くなってくるのです。それはだいたい、40歳くらいからですね。特に感じるのは、頭頂部です。これは、後ろ姿を見た時にはっきりとわかったのです。薄くなっていると思って、なんとかしたいと感じました。

頭頂部の髪が薄いと、コーデをしてもなんとなくおかしいのです。コーデはばっちりなのに、スタイルもいいのに髪の毛だけがおかしいので浮いてしまうのです。それは、とても辛い事ですね。そのことがあってからは、以前のようにファッションについても興味が薄れることがありました。しかしそのままでいたら、ますます嫌なことが増えると感じます。

髪の毛が薄いことで、良いと思ったことは一度もありません。まだまだオシャレを楽しみたいので薄いということは、嫌なことしかないのです。良いことは、全くないと感じています。

私がまずおこなったのは、育毛剤を買うことでした。それを使うことにより、部分的に髪の毛を生き生きさせることができると思ったのです。そのため、テレビで宣伝をしている育毛剤を使うことにしました。どれがいいのかわからないので、とりあえずその育毛剤だったら、安心して使うことができるかなと思ったのです。その結果、現在も使っています。

育毛剤を使うようになってからは、頭頂部の髪の毛がフンワリしてきたと思うことがあります。以前はペッシャリした感じになっていたのです。そのため、洋服を着ても冴えない感じになっていたんですね。それが、ふんわりなってきたので若干は満足しています。薄毛の部分が、目立たないのでそれがいいのです。

髪の毛は、本当にとても大切です。特にオシャレをしたいと思った時にその悩みがあると、十分に納得できるおしゃれができないのです。これからも、髪の毛の変化については注意をして見ていきたいと思っています。

髪のパサつきをなんとかしたい

40代女性。髪のことについては、年々悩みが増えるようになりました。特にまとまらなくなったので、それがとても辛いですね。その理由としては、なんといっても髪がパサつくということです。しんなりした髪に戻りたいけど、どうしようもないのいです。

私がそのことについて悩みだしたのは、出産をした後ぐらいからでした。その時は、35歳です。高齢出産だったので、いろいろな体の変化が見られるようになったのです。外見的なことは、本当に辛いですね。人に見られてしまうので、そのことが辛いのです。そしてその外見的な悩みの一つとして、髪のパサつきがありました。

髪の毛がパサつくと、とても老けて見えるのです。サラサラだと、若々しく見せることができるのです。以前からそのことについて、痛感していました。髪の毛が乾燥している時に、若い時でも乱れることがあったのです。すると、10歳ぐらい老けて見えると思っていました。そのことから、髪の毛の手入れは手抜きをしてはいけないと思うようになっていました。ところがこんなことになってしまい、本当にがっかりです。

このパサつきについては、いろいろなシャンプーを実施してみることにしました。市販の店舗のある店で、たくさんのシャンプーを試してみたのです。しかしそれでも今ひとつと思った時には、ネットで調べてそれらを使うことがありました。しかし、未だにこれがいい!と思う、そんなシャンプーにであっていないと感じます。

トリートメントも試してみましたが、それでも私が納得できるような艶のある素敵な髪には戻ることができません。美容院に行くと、なんとかなるのですがその後に洗うと、やっぱりもとのようになってしまうのです。どうしたらいいのか、さっぱりわかりません。

現在も、同じようにパサつきがあります。そのことから、以前のような髪に戻ることが無理なのかもと思うようになりました。

これからは、もっといろいろなものを試して諦めずに頑張りたいと思っています。

抜け毛が怖い

40代の女性です。7年程前にとても辛く苦しい出来事が重なり、かなり厳しい精神状態になってしまいました。そんな辛い状況が1年近く続きました。

徐々にその状況からは脱することができたのですが、置き土産の様に体調にも変化が出てきたのです。異常に疲れやすかったり、肌の乾燥も酷くなりました。

そして、髪にも異常が出てきたのです。

酷く髪の毛が抜けるのです。お風呂はもちろんのこと、ドライヤーの時や寝起きの枕にたくさんの髪の毛が付いているのです。

最初は一時的なものだろうとそれ程悩んではいませんでした。しかし数ヶ月経っても一向に抜け毛が減る気配はありませんでした。

それどころかどんどん抜け毛は増えていきました。さすがに焦りが出てきて、どうしようこれ以上抜けてしまったら…最悪カツラになってしまうのかと恐怖が芽生えました。

そうなるとシャンプーするのも恐ろしくなってくるのです。指に絡み付く抜け毛を見る度にため息がこぼれました。そして抜け毛の数を数えるのが日課になりました。

当時は友達や家族にも抜け毛の辛さを、事あるごとに語っていました。

辛い、怖い、なんで私だけこんな思いをしなければならないのだろうか。1人で涙することも何度もありました。その時に「髪は女の命」と昔の人はよく言ったものだと心から共感しました。

結局、病院にも行きました。高い育毛剤も試しました。しかし抜け止まることは残念ながらありませんでした。ただ救われたのは、抜けても生えてくる髪もあるという事実でした。その為どうにかカツラは購入しないで済みました。

そんな試行錯誤の日々が既に7年経過しています。前よりは減りましたが今でも抜け毛は多いと思います。でも正直悩むのに疲れて果ててしまいました。

年数をかけて抜け毛に慣れてしまったのです。あんなにストレスだった抜け毛は、仕方がないとまで思える様になりました。もしかしたら少し抜け毛が減ったのは、気持ちの変化も大きかったのかもしれません。これからは、なる様になるとリラックスすることで抜け毛も減るのではないかと期待しています。

髪の悩み事

私の髪は毛量が非常に多く、初めての美容院に行くと大体、「すごい量ですね」と苦笑されてしまいます。量が多いだけならまだいいんですが、左と右で結構量が違います。それが髪型にすっごく影響するんです。これが本当に困る!

しかもその上、左右の横髪のクセが全く違います。左側は内巻き気味のストレートで扱いやすく、良い感じなのですが、問題は右側にあります。右側は外巻き気味なのでそれだけでも面倒なんですが、左側に比べて巻きがとてもキツイ。ちゃんとお風呂上がりにケアしないと、次の日起きたら右側の横髪は明後日の方向へ揃って広がってしまいます。

一応ケアさえすれば、そこまでひどい朝を迎えずにすみますが、怠ると右側の変なクセがびっくりするくらい直りづらく、小一時間ほど髪の毛束と格闘することになってしまいます。なのでお風呂上がりは絶対に髪のケアを忘れないよう、ついつい疲れに任せて寝てしまわないように気を使っています。

ちなみにケアの方法ですが、とにかくキツめにドライヤーを当てることです。一番熱い風に設定して、クセのヒドイ方の横髪の毛束を掴んで、頭頂から毛先までしっかりと乾ききるまで熱風を当て続けます。

一応この時、髪の毛にはオイル系の保湿成分を多目に使ってから乾燥させていますが、やはり右側より左側の方が毛質に痛みが強いです。しかも、ケアを中途半端にした次の日は、跳ねた髪を濡らし直してまたドライヤー、更にアイロンで懸命にクセのない髪へ変えていきます。なのでもっともっと髪の痛みも増してしまうので、余計にケアをさぼれないんですよね。

昔はここまでひどくなかったんです。ツヤツヤの黒髪ストレートで、クセなんて見当たりませんでした。

なぜそんな風になってしまったのかというと、流行りに乗じて髪を染めてしまってからです。どうも染めるときの液が合っていなかったのか、色は気に入ったのですが、妙なクセと枝毛が大量に…。今でもそのメーカーだけは絶対に使わないように避けています。

子供の頃からおでこが広い!

男性の19歳です。

小学生の頃からおでこが広く、前髪は常に簾状態。友達に「なんで前髪そんなに長いのー?」など「前髪どかしてよ〜」など言われる度に、僕は「嫌だ嫌だ!」と答えて、見られた時なんかはハゲハゲ言われてからかわれていました…

それを小学生から高校卒業までずっと。元から広いからハゲじゃないし、美容院では毛量多いねなど言われるし、どこにもハゲ要素ないし!って。

大学入ってから思い切って前髪を眉より上にしてみたら、ハゲハゲ言われなくなった。むしろ、モテるようになった!?!?なぜか1日中考えた時があった。芸能人の写真を見たり、イケメンの写真を見たり。ある発見をしました!顔が整ってる人におでこが広い人が多い!それもみんなおでこを見せたり 、髪を清潔にしてると!(おでこが広いからイケメンとは言ってない。)そうなんです、おでこが広いからと言って、おでこを隠すのは間違っていたんです。むしろ、自信をもって出した方が良かったんです。

僕はおでこを出してからは、散々ハゲハゲ言われてた友達に「〜に似てない?」とか、「かっこよくなった!」とか言われるようになりました!それから髪の毛をいじる事に興味を持ち始めて、毎日のようにセットしています。

最初からおでこが広いからと言って、はげとはかぎりません。はじめのおでこの広さと、薄毛は全くもって比例していないと思います。なんせ僕がそうなのだから。おでこは広いが髪はとってもふさふさです。

おでこで馬鹿にされている人たちはきっと、前髪がとても長いんじゃないかな。この記事を読んだのなら、一回勇気を持って短くしてみよう。(薄毛じゃないよ)長いより短い方がかっこいい!男らしくなる!周りの対応も変わってくるし、自分自身にとっても良い刺激になる。僕はおでこのせいで全くモテなかったが、お陰で彼女ができましたし、今では彼女の前でもおでこを出す髪型、アップバンクをしたり、おでこを強調するようになりました。

細くてクセがあるので悩んでいます

40代の女性です。私の髪は細くてクセがあるので、若い時から好きではありません。小学生の時までは細くてもストレートだったので大丈夫だったのですが、なぜか中学に入ってからクセが出始めました。サラサラのストレートヘアに憧れて、ストレートパーマをかけても、髪の根元からくせ毛が出て来るのでバランスが悪くなってしまうので悲しいです。

またショートヘアーにすると、まとまりが悪くなってしまうので、10代後半からずっと髪を結える長さを保つようにしています。

それとくせ毛を隠すというか生かすために、ソバージュのパーマを定期的にかけています。これだと手入れも楽ですし、くせ毛のせいか、普通よりパーマが長持ちする感じがします。ただずっとこの髪型では飽きてしまうので、たまーに髪型を変えてみるのですが、やっぱり手入れが出来なくなってしまって後悔することが殆どです。

私のくせ毛は前方の顔の周りの部分が特にひどいので困ります。同じくせ毛なら、内側とか襟足の部分なら隠せるのに、と思うのですが、なぜか一番、見れる部分のクセがひどいので困ったものです。

40歳を過ぎてからは、髪の毛が更に細くなっている気がします。それもあって髪のボリュームも更に少なくなってきている気がしています。まだ禿げているというほどではないので大丈夫ですが、この先が心配です。

髪の為に何か特別なシャンプーを使ったり薬などを飲んだりしているわけではありませんが、1,2年前から毎日、髪を洗うことを止めました。それまでは若い時のクセというか、毎日、洗うのが当たり前だと思っていたのですが、周りの人と話すと毎日は洗っていない人も割といることに気づいて、汗をすごくかいたりしない限りは1日おきに洗うようにしています。最初はちょっと違和感がありましたが、慣れてしまえば大丈夫です。また以前はシャンプーをすごくたくさん使っていたのですが、最近は少ししか使わないように気を付けています。シャンプーの成分は髪にあまり良くない物も含まれているようですし、シャンプーを使いすぎると髪の油分も損なわれる感じがしますので。髪は見た目にも大きく影響しますので、これからはもっと気を付けて大事にしようと思っています。

急激な細毛化と抜け毛を味わって以来、薄毛化への恐怖を拭い去れない

私は現在37歳の男性ですが、加齢のためか髪が細くなり、ボリュームが減ってしまって、好きな髪形を楽しめなくなったことに悩んでいます。

また、一時期かなり抜け毛が増えて、薄毛への恐怖心から整髪料も使えずに、日々薄毛やハゲへの恐怖に怯えています。

これでも、若いころは髪を染めたり、編み込みなどをして派手なスタイリングを楽しんでいました。

バンドをやっていた事もあって、髪型やファッションには人一倍こだわりが強かったです。

しかし、32歳くらいになった頃でしょうか。

急に髪質が細くなってきて、かなりの量の抜け毛が気になり始めました。

幸い、現在では急な抜け毛や薄毛化の進行は止まっているものの、もうそれ以前の様な髪型へのこだわりを持つことができなくなってしまいました。

40歳も近い年齢とあらば、これはある程度仕方がない事なのかもしれません。

しかし、若いころからずっとこだわり続けていたことができなくなるというのは、非常に精神的なダメージが大きいです。

また、現状を見るには、このまますぐにハゲてしまう様な恐れは無さそうなのですが、その32歳の頃に味わった髪質と頭皮の変化以来、私の薄毛・ハゲへの恐怖心が、どうあっても拭い去る事ができません。

そのおかげでナーバスになってしまい、好きな髪形を楽しめない事はもちろん、整髪料やシャンプー・リンスさえも使う事をためらいます。

ともいいますのは、髪質・頭皮が変化した際に、かなり頭皮が荒れていたことが強烈に記憶に残っているのです。

恐らくは、その頭皮の荒れの原因は、ブリーチや編み込みなどによる頭皮への負担によるところが大きいのですが、「原因と思われるものは全て除去しなくてはならない」という強迫的な観念があるのです。

人間一度でも恐怖心におびえると、「原因になっているかもしれない」という程度の不確定要素であったとしても、安易に見過ごすことができなくなるもの。

私にとって「薄毛の原因かもしれない」と気になったものは、ブリーチや編み込みなどの大きな負担以外にも、整髪料、シャンプー・リンス、果ては洗髪そのものの刺激だったのです。

つまり、それ以来の私は、腫物を触るかのような気持ちで髪を洗い、毎日のスタイリングをしているのです。

今現在では、知り合いの美容室で整髪料が無くてもキマる髪型(アシメ風ツーブロック)にしてもらい、洗髪は3日に1回のシャンプー・リンスで、それ以外は湯シャンで過ごしています。

そのおかげか全然状態はいいのですが、やはり薄毛への恐怖心は拭い去れません。

私は「ハゲるくらいなら自殺する」というレベルの極端な考えをしているので、これからも怯えながら髪と頭皮のケアをしていく事になるんじゃないでしょうか。

大げさな話、私にとって髪と頭皮は、生命がかかるほどに大切なのです。

ストレートスタイルをあきらめる年齢

38歳の女性です。

最近驚きましたことに髪質が変わってきました。

何だか黒くてゴワゴワとした髪質に変化してきているのです。

髪が多くなっているわけでもしっかりとしてきているというわけでもありません。

以前はさらさらつやつやのストレートを実現するためにカールドライヤーやヘアアイロンを毎日使っていました。

けれども、そのようなストレートヘア用のケアをいたしましても髪はゴワゴワしたままで何だか様子がおかしいのです。

「これが加齢による髪のうねりか。」と我ながら呆然としてしまいました。

二十代の頃に美容室で小耳にはさんだ話を思い出したのです。

加齢によって髪はうねったりするから、ずっとこの髪質じゃないよ、と美容師が話していたのです。

鏡の前で自分の髪を今よく見てみますと、なんだか一本の髪がガタガタとした様子です。

つるんとした一本ではないのです。ガタガタとあちらこちら凹んでボコボコとした髪が生えていました。くせ毛のきつい人はこのような髪なのでしょうか。

そして、ガタガタの髪やうねうねの髪、といろんな髪が入り混じっていることに気づきました。

「こんな時には縮毛矯正ストレートだ!」と思いつきました。

縮毛矯正ストレートを当てますと髪はさらさらつやつやになりますし、お手入れもラクチンになるはずです。

早速美容室へ向かい担当の美容師さんに相談してみました。

美容師さんは優しく「この髪に今、矯正を当てるとね、切れてしまいますよ。」と穏やかに言われて「気にしなくても大丈夫ですよ。」と縮毛矯正ストレートをやんわりと拒否されたのです。

もうカールスタイルしか残る道はありません。

そうか、年齢を重ねるとストレートは難しいのだな、と納得しながらもつらい気持ちになります。

二十代の頃、40歳くらいの女性の髪を見て「どうしてあんなにごわついているのかしら?」と思っていた自分が懐かしくなります。

しかし、あきらめずに井川遥さんやキャメロン・ディアスなどを目指して美しいスタイルを目指そうと思います。

同じくらいの年齢の女優さんたちはやっぱり勇気と希望を与えてくれる存在です。