白髪を染めると髪の毛がごわついている!

40代の女性です。私が髪の毛のことで悩んでいるのは、なんといっても白髪です。年齢的に、もうそろそろ生えてもおかしくないかなと思っていたものの、実際になるととてもショックです。しかも、どんどん増えてくるのです。白髪がちょっと遺伝と聞いていますが、私の母親も白髪が多いのでやっぱりそうなのかと愕然としたことがありました。

しかしそのままにすることはできないですね。そのため、白髪染めを使うことにしました。それは誰でも行っていることなのです。しかし、どれを使ったらいいのかわからず、とりあえずそんなに気にしなくても染まったらいいかなという、そんな軽い気持ちで染めることにしたのです。

ところが、そのことが大きな間違いでした。それは、なんといっても髪の毛が染めたあとは、とてもごわついているということです。男性の髪の毛のようにごわついているので、本当に困りました。これではいけないと思って、美容院で染めることにしました。

しかし美容院に行くことができないときもあるんですね。そんな時、やっぱり自宅でパッと染めたいと思うようになりました。そのため今度は、ネットで良いと評判されている白髪染めを買うことにしました。それだったら、いいかなと思ったのです。トリートメントなので髪の毛に優しいです。

そして使ってみると、とてもいい感じです。しなやかになったので、これはいいと思っていました。ところが、別の問題が発覚したのです。それは、白髪がキレイに染まっていないということです。白髪染めだけど、マイルドなのでいきなりしっかりと染めることができないのです。それは、とても辛いですね。

そしてじっくりと良い感じになるということなので、使い続けることにしました。しかしやっぱり、白髪があるという部分がわかってしまうんですね。その結果、今はそのトリートメントを使うことをやめています。白髪のことについては、本当に悩みが多いです。ゴワつきや、キレイに染めることができないなどなんとかしたいです。

生徒の言葉により意識

私は40代半ばのサラリーマンです。家族は妻と小学生の長男、そして幼稚園児の長女の四人家族です。

私は30代の前半ごろより、白髪が増えて大変困っています。今から10年ぐらい前より、白髪を染めることは欠かせません。

もともと私の白髪は、中学生頃から気が付きました。当初は後頭部付近にちらほらある程度だったのが、徐々に白髪の量が増えていき、白髪のはえている範囲も、後頭部から頭の側頭部に広がり、今では頭の前面にも広がりを見せ、まさに全面に白髪が広がっている感じに、30代の前半でなってしまいました。

私は当時専門学校で講師をしていましたが、当初は全く気にしなかったものの、とある時に学生から、じぃじと呼びかけられました。はじめは何を意味しているのか分かりませんでしたが、ん、と言う顔を私がすると、クスクス笑いながら、頭に決まっているじゃん、と言われてしまいました。私はそれまで、どちらかと言うと学生を含め女性から人気のある方だったので、かなり恥ずかしく、学生にも冗談で返すことが出来ませんでした。私はそれまで、自分の容姿に無頓着でしたが、あらためて自分の頭を見ると、30代前半とは思えない白さで、確かに、じぃじ、だと我ながら思ってしまいました。そこで、考えたのが、やはり白髪を染めることでした。しかし、悩んだのは白髪をいつ染めるかでした。講師達には白髪を染めたことが分かるのは仕方がないとしても、学生達には出来るだけ気がつかれたくありませんでした。まだ若い彼女達は、何か変わったことがあると、必要以上にはやし立て、しつこく言われることが目に見えていました。したがって、私は髪を染める時期を長い休みの間で、かつ4月の年度の切り替え時期に行うことにしました。結果は、タイミングとしてはうまくいきました。従来のクラスの生徒は付き合いも長くずかずか言ってくる感じでしたが、まだ新しいクラスの生徒はそこまでの関係ではなかったためです。それ以来、毎月染めることが欠かせなくなっています。

白髪染めで髪がぺちゃんこに

私は、ボリュームがない髪で悩んでいた42歳の男性です。 

私は、30歳代の中頃から白髪が生え始め、妻からの勧めもあって白髪を染めるようになりました。近くのドラックストアに売っている白髪染めの中の、一番安いものを選んで使っていました。確か金額は、398円だったと思います。今、考えると、かなり安いです。

値段は安かったですが、よく染まりました。待ち時間も5分と短く、1回染めれば1ヶ月以上そのままでもOKでしたので、重宝していました。

そして何度か使っているうちに、髪の根元があまり染まっていないことに気づき、付属のクシを使って、頭皮につくくらいべったり塗るようになりました。そうすると、髪の根元まで染まるようになりましたが、頭皮も黒くなるようになりました。でも髪をしっかり染めたかったので、頭皮が黒くなることは目をつぶっていました。

そしてさらに何度も使っていたときのことです。お風呂上がりにふと鏡を見たら、髪の毛がぺっちゃんこになっていました。以前の髪はボリュームがあって、自分としては、薄毛とは無縁だと思っていたので、すごくショックだったことを覚えています。

でも、若くして禿げる人もいるし、年齢的にもこんなもんかなと思って諦め気分で過ごしていました。

そんなとき、会社のお昼時間に同僚の話が聞こえてきました。「白髪染めって、アレルギーではれたりする人もいるし、薄毛になる人もいるんだって」と。

もう私の耳はダンボ状態で、その話を一所懸命聞きました。どうやら、白髪染めの種類によってアレルギーが出る場合があるようです。

私はすぐその場で、白髪染めのアレルギーについて検索しました。すると、私が使い続けているタイプの白髪染めは、頭皮や髪に悪く、最悪の場合、顔が腫れ上がったり禿げることもあるようです。

それがわかってから私は、ネットで調べまくって、一つの結論を出しました。今まで使っていた白髪染めはもう2度と使わないこと、そして、髪や頭皮にやさしい白髪染めを使うことです。

私が調べた結果では、白髪用トリートメントカラーという白髪染めが良いようです。そして、今までの白髪染めに比べるとかなり価格が高くなりますが、それを使うようにしました。

その結果、髪のボリュームがすぐに戻ってきました。正直、髪の太さは細いままですが、でも、髪が根元から立つようになったので、ボリュームが戻ったように見えます。私はこれからも白髪用トリートメントを使っていくつもりです。

白髪染めで参考になったサイトはこちら

白髪がすごく増えてきて染める頻度が多くなっています

女性、50代前半です。仕方ないですが、白髪が増えてきていて、鏡で見るとなんだか悲しい気分になります。

白髪は30代前半の頃から気にはなっていました。その頃はその頃で、やはり老化の現実を突き付けられるような気分でした。でも、まだ切って減らせる範囲内でした。最近の白髪は、本数多過ぎで切るわけにはいきません。ヘアマニキュアでちょこちょこ染めています。この”ちょこちょこ”が、少し前までは約2週間くらいの間隔でした。そう、2週間経っても「面倒だけど、そろそろ染めておこうかな…」という感じで、まだ余裕がありました。でも、今は2週間経つとかなり「とれてきたな~」という状況で、頭頂部だけ10日に一度くらい染め直していいます。

そして、以前と違う変なことが気になるようになりました。美容院でカットしてもらって仕上がって席を立つ時に、床に落ちた髪の中に白髪が多いのが結構ショックなんです。自分で思っているよりも、すごく落ちた髪に白髪が多く感じるのは、後頭部が自分ではよく見えていないということです。また、仕上がって鏡で後ろを見せてもらったら、首の辺りの白髪が想像より多くてガ~ンときたこともありました。

このショックを少しでも和らげるために、美容院に行く直前にヘアマニキュアをするようになりました。仕上がりもきれいですし、切りくずの髪に混ざる白髪が多少は少ないです。こんなことにこだわるようになるとは、以前は考えたこともなかったですね。美容師さんは、いつの間にかみんな自分よりかなり年下の方が多くなっていて、情けないですが髪を切ってもらいながら心の奥で比べているような気もします。

私自身、白髪は老化だけでなく苦労のイメージが強かったのも正直なところです。電車に乗っていて、白髪の多い人を見ると「あの人は大変そうだな…」と思ったりしていました。だから、自分も白髪が多い世代になってみて、老化とか苦労とかそういう単純なものではないんだな~と痛感しています。染める頻度が多くて大変ですが、きっと若い頃の自分よりも人を見る目が優しくなれているように思います。