薄くなり始めたのは少年時代

30代後半の男性です。

私の髪の毛が薄いのは中学校の頃からです。

その当時から私は髪の毛が皆より薄い事は解っていました。

髪の毛が細い為、他人よりも髪の毛が薄いと言う事にです。

当時は短髪だった私はその事がコンプレックスでもありました。

それは、皆より皮膚が見える範囲が多いからです。

この髪は今もそうです。

細い髪は大人になっても変わらないものです。

なので、私は短髪にすれば皮膚が見えてしまうので伸ばし隠しています。

本当ならば今時の髪形に挑戦したい思いがありますが出来ないでいます。

悩みどころです。

また、髪を伸ばしていますがこの頃は髪の癖と髪の色の変化が激しいです。

髪の癖は、静電気なのでしょうかボサボサというよりかはバサバサです、

その為、毎朝仕事前は寝癖をとる為にお風呂に入って寝癖をおとしています。

そうして、髪の色ですがこれも前までは黒かったのですが栗毛色になってしまいました。

なので、太陽を浴びると薄毛が目立ちます。

今では、もう慣れてしまいましたが慣れるまでの間は、どうしてなのか?

と思う日々が続くだけでした。

その為、いっその事丸坊主にしようと思ったこともあります。

そうして、バリカンまで用意しましたが出来ずにいました。

ですが、この髪でも努力はしました。

シャンプーを変えてみたり、毎日衛生的に枕カバーを変えたりしていました。

その効果はあったのか無かったのか解りませんが髪の毛は色は変わりませんが、前髪の生え際が生える様になりました。

その事は、良かったと嬉しく思っています。

鏡で見つけた時には声が自ずと出ていました。

髪の毛を伸ばす事も良い事だと思った瞬間でした。

この頃私は、薄毛より気になっているのは白髪です。

同僚に発見されて気が付きました。

私の白髪は、後ろに集中しある様で自分では気が付きませんでした。

私は、家に帰り鏡と鏡を使い確かめたら結構どころかメチャメチャ有ったので傷つきました。

それは、自分で発見する事が出来なかったからです。

私は、白髪を染める事はしまないようにしています。

それは、自然で良いと思うからです。