私の癖毛、まだ見ぬ我が子への誓い 

小学校3年生くらいまでは、さらさらストレートではないものの、私の髪は落ち着いていました。小学校高学年になるとくせが出てきました。全体的に膨らんできたのです。少し長かったので、後ろで一つにくくりました。すると、今でいう”おくれ毛”がうねっているのです。うねっているのはまだ耐えられました。ハネているときは最悪でした。10センチくらいの毛束が、くるんと、ひらがなの”し”のようにハネているのです。休み時間に鏡を見ると、こめかみから毛束が”し”の字にはねているのです。あ、左右両方ともなので、右側は”し”で左側は”J”でした。文字でそれを表すと「 J顔し 」でしょうか。今思えば誰も気にしていなかったかもしれませんが、当時の私は鏡を見るたびに泣きたい気持ちになっていました。どうにか抑えようと水をつけたり、(逆効果でした)慣れないアメピンで留めてみたり、ありとあらゆる方法をためしましたが、ダメでした。卒業アルバムの写真を撮ることが憂鬱だったことを覚えています。

中学生になっても髪の癖は相変わらずでした。もしかしたら性格に癖があったからでしょうか。実は母もくせ毛でした。母は25年以上ベリーショートのヘアスタイルを貫いています。そこで私もショートヘアにしました。たくさんの期待をこめて。しかし三日後にはぴょんぴょんです。しかも短いから結ぶこともできない…もう最悪でした。それ以来、たくさんの方法で誤魔化そうとしました。ムースのスタイリング剤をべたべたにつけたこともあります。結ぶ必要がない長さなのに頑張って二つくくりもしました。毎日毎日鏡を見るたびに憂鬱でした。

そのころ、一人、また一人と、友人や隣のクラスの女の子がストレートパーマを当てました。同じような癖毛、いや、私よりもひどい癖毛の友人もいました。私以上に悩んでいたであろう友人が、ある日突然さらさらロングヘアーで学校に来たのです。もう羨ましくてたまりませんでした。でも我が家では、ストレートパーマは高校に入学してから、と決められていました。ちなみにこのルールは今でも納得していません。もし将来自分に子供ができて、その子がくせ毛に悩んでいたら、絶対早くストレートパーマを当てさせてあげたいと誓いました。中学生の時点で将来の我が子とストレートパーマの約束をするくらいストレートパーマに憧れていました。結局、中学校三年間も鏡を見るのが憂鬱な学生生活を送りました。

そして、高校受験の次の日に私は美容院へ行きました。「ストレートパーマをお願いします。」と。美容師さんは、四時間かけて私のバージンヘアにストレートパーをかけてくれました。そしてついに私はさらさらのストレートヘアを手に入れました。心から感動しました。私の髪がまっすぐであることに。「ビフォーアフターのビフォーの写真を残しておけばよかったね」と美容師さんに言われるくらい私の髪は変わったのです。ちなみに高校は合格してました。それよりもさらさらヘアのほうが私には嬉しかったんですけどね。

私はその日から今日までストレートヘアをキープしています。大学生になり、パーマをかけようかとも思ったこともありましたが、このさらさらヘアにわざわざまた癖をつけるなんて…と思い、今に至ります。ストレートパーマを当てるだけで解決する悩みなんて、小さいものだったのかもしれません。ですが、私の小中学校での悩みは髪以外にありませんでした。当時の私の死活問題が、高校生になったからというだけで親に許可をもらったストレートパーマ、見事に解決したのです。これからも私はこのストレートヘアとともに生きていきます。そして将来我が子が癖毛で悩んでいたら、ストレートパーマを勧めます。

自宅で髪を染めた日から縮れ毛で悩んでいる!

私は20歳の女性であり、髪の毛の一部が縮れてぐしゃぐしゃに絡み合っています。これはもともとそうだったわけではもちろんありません。こうなってしまったのには理由があるのです。

もう何年も前のことなのですが、私は市販の髪の毛を染めるヘアカラーを買いました。いつも同じ商品を使って自宅で髪の毛を染めていたので、その日も同様に髪の毛を染めるためにヘアカラーを入手しました。なのに使ってみたら問題が起こったのです。泡タイプのものだったので、髪の毛に塗布して数分放置していました。そしたら髪の毛を洗い流そうとしたときにぎしぎしっと軋む髪の毛に違和感を感じました。

その問題というのは泡を洗い落としたら髪の毛の一部が雁字搦めになって絡みついてしまうことでした。どうしてそうなったのかは分かりません。このヘアカラー自体が不良品だったのかもしれないです。もしくは私のやり方がいつもと違ったのでしょうか。結局最後まで理由は分からないけど、髪の毛の一部が本当にぐしゃぐしゃに絡みついてしまって取れなくなってしまったのです。

しかし私はマイペースなので、明日もう一回シャンプーしてしっかり洗い落としたら、髪の毛も元の状態に戻るだろうとなぜか思っていて余裕がありました。その変な余裕のせいで、私はしっかり対処しないまま寝てしまったのです。こうして次の日もその次の日もシャンプーをしたけど、全然この髪の毛の絡み合った部分が取れなくて泣きたくなりました。

くしでどんなに梳いても、そこは髪の毛が絡み合って取れないのです。もう泣きたいと思わずにはいられなかったです。絡まった髪の毛はもうどうしようもない状態になってしまって、私は髪の毛が伸びてその部分を切るしか方法がなかったのです。

あれから数年たち、なんとか酷い状態からは脱出できました。でも今でも髪の毛が絡んでいる部分があって、いつも鬱陶しくなります。あれから自宅で髪を染めるヘアカラーは一度も使っていません。もう二度とこうなりたくないので、一生使わないと思います。

髪が多くて広がるハチ頭

30代女性です。髪の毛は若い頃から多くて固いです。若い頃はロングにして染めていたので、それほど不便には思いませんでした。しかし、30代に突入してから、白髪が気になるようになりました。そこで、今まで伸ばしてきた髪をショートにしました。しかし髪の毛のパサつき、そして頭蓋骨がハチありなので、髪が短くなった為にパサつきから、膨張し、おまけに頭蓋骨がハチありなので、頭が大きく見えて衝撃を受けました。縮毛矯正をかけ、一時期は、ショートボブで落ち着きましたが、更に問題が発生しました。縮毛により、髪がめちゃくちゃ傷みはじめ、また、白髪が急激に増えたので、染める方が優先になってきました。縮毛プラス染髪は、かなりの時間と料金がかかり、主婦の私には、維持できない髪型になってしまいました。そこで、縮毛をあきらめることにしました。染髪を少し明るめにして、白髪を目立たないようにしました。染髪は白髪染めではなく、おしゃれ染めの一番明るいやつにしました。多少白髪はわかりますが、満足してできています。髪の癖も、天パほどではないので、少し伸びてきて、縮毛と地毛のミックスになりました。長さは肩より少し長めにし、ボリュームを減らさず、髪の重みではねないようにしました。ポイントとして重要だと感じたのは、染髪の際に、コラーゲンを入れてもらうことと、出来ればトリートメントを美容室でしてもらうことだと思います。髪がつやつやであれば、多少髪が広がっても綺麗に見えるような気がしています。また、シャンプーをノンシリコンに変えました。髪の艶が違う気がします。そして、頭蓋骨のハチについて色々と模索した結果、頭皮のこりもハチをでかくする原因だと知りました。なので、暇のある日は、出来るだけ、頭皮を自分の指の腹で揉みほぐすようになりました。これに置いては、効果があるのかは不明ですが、やはり頭皮はかなり凝っているなと感じています。美髪にもきっといいのではないでしょうか。

体質で髪がべたついているのが悩みです

現在私は20代後半の女性です。幼少期からの体質で、私は髪にべたつきがあります。それについて悩んでいます。

自分の髪のべたつきについて、気が付いたのは小学生の時でした。友人たちと遊んでいて、夕方ぐらいになると自分の髪だけしっとりしていることに気が付きました。周りの友人は、まったく変わらなかったのに、なぜか自分だけそうだったので、気になっていました。父親がじゃっかん脂っぽい体質なので、遺伝なのかもしれないとは思っていました。ただ、小学生までだったら、特に見た目を気にせずに過ごしていたので、大きな問題では無かったです。

しかし、高校以降になると、この髪のべたつきかなり気になりだします。周囲が、お洒落や、見た目をものすごく気にする時期になってきたので、いつも不安でした。特に私は、繁華街に近い高校に通っていました。通学している間に、多くの人とすれ違うので、自分が汚く見られていないか不安でした。この時から、友人と外出するときはいつも、帽子をかぶっていました。帽子で髪の毛を隠してしまえば、相手に見られることもないからです。

これは一時的なものだから、成長したら体質が変わって髪にべたつきが無くなると思っていたのですが、20代後半の今、治っている気配はありません。ただ、以前と比べて髪のべたつきに対して上手く付き合っていると思います。

私のしているべたついている髪の付き合い方を書いていきます。朝起きたら必ずシャワーを浴び、髪を入念に洗っています。また、お風呂から上がった時は、頭皮マッサージを行い、頭皮の血行を促進させるようにしています。この2点を毎日行っています。

これを行うことにより、多少はましになってきました。涼しい時期であれば、帽子を持参せずに、そのまま夕方ごろまで友人と遊んだりデートできるようになりました。しかし、まだ自分の髪の毛がべたついているような気がしています。外出時にも自分がどう思われているのか不安になるので、これからもべたつきをなくせる方法を探していきたいと思います。

参考になった頭皮マッサージのサイトはこちら